スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転院まで

手術を行うためには、黄疸を取る必要があるとのことで、転院の前にお腹の中に管を入れて胆汁が通るようにする処置(胆導ドレナージ:PTCD)をすることになりました。これは外科がやるのですが、外科医は手術の予定が詰まっていて時間が取れなく、なかなかできないのです。予定に入れてやればよいと思うのですが、手術の空いた時間にやるとのことで、いつになるかわからなくて、その間にも腫瘍は段々と大きくなっているはずで、助かるものも助からなくなり、気が気ではありませんでした。
内科の先生に毎日のように聞くのですが「外科には言ってあるから」と言うだけで、何か外科に遠慮しているような感じでした。ここでも大学病院では科が違うと全く連携が取れないようです。
2007年9月14日、やっとPTCDをやってもらいました。経験のある人はわかると思いますが、部分麻酔なので、手術中の先生達の会話が全部聞こえるのでとても不安でした。若い研修医が「そこじゃない、もっとこっちだ、肝臓が破れるぞ」などと、先輩の医師に怒鳴られながらやっているのですから生きた心地がしません。
ともかくも処置は終わり、少しでも栄養を取るため、点滴だけでなく経口栄養剤も飲んで転院を待つことになりました。
お腹の中に入れた管(ドレナージ)は動きやすいので、ベッドであまり動かないようにしていたのですが、経過の観察でレントゲンを撮ったら動いてしまったことがわかり、9月19日急遽管の入れ直しを行ったところ、なかなかうまくいかないので、夜8時過ぎから体の外から直接肝臓に管をつないで、胆汁を排出する手術をしました。
そしてその翌日、2007年9月20日、やっと○○病院に転院し手術を待つことになりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。