スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術後の経過

話の順番が前後しますが、2007年9月に行った手術の結果です。
膵頭部腫瘍、十二指腸、胆嚢、付近のリンパ節、小腸(60cm位)を切除する大がかりなものになりました。
なお血管(門脈)は残すことができました。
手術後に主治医から、内分泌腫瘍であると言われ、全く聞いたことのない名前で、意外に思いました。
後から調べてみると、膵臓がん全体の2パーセント程度しか発生しない稀なタイプで、普通進行が遅いのが特徴とのことです。
膵臓がんの手術後は、普通再発予防のために抗癌剤投与を行うとのことですが、内分泌腫瘍については国内では有効な抗癌剤がない(未承認)とのことで、抗癌剤は行わないことになりました。
手術後の経過は全体としては順調で、予定通り約6週間後の11月6日に退院し、自宅療養の後、2008年2月初めから職場に復帰。その後定期的にCT検査、血液検査を行い経過を見ていくことになりました。
復帰当初は下痢に悩まされましたが、2008年6月頃から下痢が治まり、2009年春頃には体重も増えてきて、内分泌腫瘍は進行が遅いということもあり、再発を恐れつつも少し楽観して日常の忙しさに追われ、次第に発病以前と同じような生活パターンになり精神的に余裕がなく、大きな手術をして体力は落ちているのに、仕事や生活にかなり無理をしていたと思います。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。