スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療サイクルの変更

最近お腹の張りが強くなってきて、少し膨らんだようです。前かがみで歩いて動作も鈍くなり、痛みもあり食事の際の抵抗感も増してきてしまっています。
腫瘍マーカーも上がった状態で安定しないので抗がん剤を増やしてみましたが、副作用で元々少なかった白血球が減り気味で、マーカーも改善しません。CT画像では変化がないとのことですが。
そこで今後、今まで抗がん剤と別の日に毎週受けていた温熱療法(ハイパーサーミア)の際に、同時に抗がん剤投与を行うことにしました。
熱で暖めた状態で抗がん剤を投与すると、より大きな効果が期待できるとのことです。
また、肝臓動脈に入れている抗がん剤注入(動注)カテーテルが通りにくくなり、通らなくなれば数日入院して取り替えるとのことでしたが、幸いフラッシュ処置をして通るようになり本当にほっとしました。
このような状態で精神的に参ってしまい、良くないことばかり考えるようになってしまって本当に苦しい毎日でしたが、新しい治療サイクルを行うことになり、また状態が安定して来ればと思っています。
食事ができて、歩いて活動できる状態を保っていきたいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。