スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術後の経過

話の順番が前後しますが、2007年9月に行った手術の結果です。
膵頭部腫瘍、十二指腸、胆嚢、付近のリンパ節、小腸(60cm位)を切除する大がかりなものになりました。
なお血管(門脈)は残すことができました。
手術後に主治医から、内分泌腫瘍であると言われ、全く聞いたことのない名前で、意外に思いました。
後から調べてみると、膵臓がん全体の2パーセント程度しか発生しない稀なタイプで、普通進行が遅いのが特徴とのことです。
膵臓がんの手術後は、普通再発予防のために抗癌剤投与を行うとのことですが、内分泌腫瘍については国内では有効な抗癌剤がない(未承認)とのことで、抗癌剤は行わないことになりました。
手術後の経過は全体としては順調で、予定通り約6週間後の11月6日に退院し、自宅療養の後、2008年2月初めから職場に復帰。その後定期的にCT検査、血液検査を行い経過を見ていくことになりました。
復帰当初は下痢に悩まされましたが、2008年6月頃から下痢が治まり、2009年春頃には体重も増えてきて、内分泌腫瘍は進行が遅いということもあり、再発を恐れつつも少し楽観して日常の忙しさに追われ、次第に発病以前と同じような生活パターンになり精神的に余裕がなく、大きな手術をして体力は落ちているのに、仕事や生活にかなり無理をしていたと思います。
スポンサーサイト

退院しました

コメント、お心遣いいただきありがとうございます。
1月12日入院し、13日肝臓動注リザーバー挿入手術を行い、18日に退院しました。
手術後の経過は順調です。足の付け根から管を入れているので、和式トイレが使えないのと正座ができないので少し不便です。
23日から抗がん剤治療を始めました。当面膵臓がんに一般的に使用するジェムザールを投与していきます。
今後週1回、通院で行う予定です。
やはり副作用で、吐き気が出てしまって、食事はできる程度ですが、少し苦しいです。

ブログの今後

本日2件目のコメント(管理人のみ閲覧可)をいただきました。
こんな地味なブログでも見ていただいている方がいると知り、とても嬉しく思います。
私は昨年12月16日、残念ながら肝臓に転移、再発が発見され、今後抗癌剤治療をする予定ですが、かなり進行していて厳しい状況です。
抗癌剤の前に、抗癌剤を投与するため、肝臓の動脈に管を取付ける手術(処置)をします。
明日入院し、明後日手術予定です。
ブログは手術まで書いたのですが、心ならずとも今後書くのは、再発編になってしまいますが、なかなか書けないかも知れません。
ルイ茶長さんや、キノシタさんのブログに時々コメントしようと思っています。
コメントをいただいた方のご快癒を心からお祈り申し上げます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。